« 映画「塔の上のラプンツェル」 | トップページ | 「ブーベ氏の埋葬」 ジョルジュ・シムノン »

2011年5月22日 (日)

映画「サヨナライツカ」

サヨナライツカ [DVD]

サヨナライツカ

韓国

2010

2010年1月公開

DVD鑑賞

久々に邦画。海外が舞台のラブストーリーということで風景の美しさ&マンダリン・オリエンタルが使われているというのがちょい気になっていた1本。久々の中山美穂も楽しみにしつつ鑑賞してみました。

1975年、結婚を間近に控えた豊(西島秀俊)は婚約者の光子(石田ゆり子)を東京に残し、1人で勤務する航空会社のバンコク支社に赴任していた。

そんな折、豊は同僚達との飲み会の席で出会った沓子(中山美穂)と体を重ねるようになり、彼女が暮らす高級ホテルのスイートルームに通うようになるのだが・・・

いや、えっと、なんていうか、フランスとか住んじゃうとこういうのをすんなりと受け止められるようになってしまうんですかねぇ。これって純愛とかそういうつもりで書いてるのでせうか。色々と自分にはついていけない価値観に溢れていたよぅ。

細かなところを見ても、VIP担当になってるとかってのも、なんか非現実的というか。そんなことってあり得るんですかねぇ。

仕事も恋も都合よく成就する展開は全体に男性作者が描いた都合の良いファンタジーという感じの1本で、これは普通に女性受け悪そうなんですけどどうなんですかね。西島秀俊のサービスカットを多くすることでその辺をごまかしてるという気がしないでもない。

ただ、映像は結構好きで、それぞれの場所や時代の空気感が画面からしっかり伝わってくるし、見せ場になる場面はちゃんと美しい映像でビシっと決めてくるので、とりあえずストーリーは完全に無視して映像だけ楽しむ映画と思えばそれなりには満足のできる作品なのかもしれません。

ストーリーは妻光子にもうちょい焦点あたると面白かったかなぁ。彼女が乗りこんできちゃう場面は結構怖かったよね。

てかさ、悪女は最期の瞬間まで悪女なのが美学なのではないの!?主人公たちの情事は百歩譲って認めたとして、それだったら、彼女は気高き悪女を貫き通してほしかったんですよね。たとえ弱々しくなってしまっても彼にはその姿を見せずに凛として去って欲しかったかなぁと。

|

« 映画「塔の上のラプンツェル」 | トップページ | 「ブーベ氏の埋葬」 ジョルジュ・シムノン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/51744278

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「サヨナライツカ」:

» サヨナライツカ [LOVE Cinemas 調布]
『私の頭の中の消しゴム』のイ・ジェハン監督作品。辻仁成の同名小説の映画化だ。主演は原作者・辻仁成の妻でこれが12年ぶりの映画復帰作となる中山美穂。共演に『蟹工船』や『ゼロの焦点』の西島秀俊、『MW-ムウ-』の石田ゆり子、『新宿インシデント』の加藤雅也が出演している。「人間は死ぬ時、愛されたことを思い出すのか、それとも愛したことを思い出すのか」切ない恋が今始まる―。... [続きを読む]

受信: 2011年5月23日 (月) 00時21分

» 『サヨナライツカ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「サヨナライツカ」□監督 イ・ジェハン□脚本 イ・ジェハン、イ・シンホ、イ・マニ □原作 辻 仁成□キャスト 中山美穂、西島秀俊、石田ゆり子、加藤雅也、マギー ■鑑賞日 1月23日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満...... [続きを読む]

受信: 2011年5月24日 (火) 07時57分

« 映画「塔の上のラプンツェル」 | トップページ | 「ブーベ氏の埋葬」 ジョルジュ・シムノン »