« 「ジーヴズの事件簿」 P・J・ウッドハウス | トップページ | 映画「キス&キル」 »

2011年11月26日 (土)

「The Heights」 Peter Hedges

The Heights: A Novel

The Heights

Peter Hedges

2010

映画「ギルバート・グレイプ」の原作や、「アバウト・ア・ボーイ」の脚本などで知られる著者が12年ぶりに発表し昨年本国アメリカで話題になっていた小説です。

主人公は博士論文を書きながらニューヨークの高校で歴史を教えるTim Welch。彼は2人の子供と妻と4人で郊外の住宅地に暮らしている。あるとき妻が職場復帰することになり、Timは論文を仕上げる目的で専業主婦に。

セレブなママ友や、セレブな妻の元彼、Timにぞっこんなサイコな女生徒などが登場し、一家が迎えることになる危機を描いていく。

この作品、数ページごとに語り手が変わっていくというスタイルをとっているのが特徴的なんですが、終盤でその形式を非常に巧く使ってスピード感を演出していて、非常にスリルあふれる展開を小説というメディアで体験することができるのがとても面白かったです。

結構日常を描いたエピソードが多い作品で、ホームドラマを見ているような感じがあり、ママ友たちとの交流の面倒な感じなど、なかなか興味深い場面も多かったものの、中盤は結構中だるみだったかなぁ。ま、ラストでかなり盛り返して満足度は高かったですけどね。

クライマックスはディズニー・ワールドが舞台になるんですけど、夢と魔法の国と現実世界のドロドロが上手い具合に対比されていて、なかなか絶妙な舞台設定でしたね。

そのうち映画化されてもおかしくない作品だと思うので、邦訳も出るんじゃないかなぁ。

|

« 「ジーヴズの事件簿」 P・J・ウッドハウス | トップページ | 映画「キス&キル」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/53334788

この記事へのトラックバック一覧です: 「The Heights」 Peter Hedges:

« 「ジーヴズの事件簿」 P・J・ウッドハウス | トップページ | 映画「キス&キル」 »