« 映画「キス&キル」 | トップページ | 「船に乗れ!」 藤谷治 »

2011年12月19日 (月)

映画「ブラック・スワン」

ブラック・スワン [DVD]

black swan

アメリカ

2010

2011年5月公開

劇場鑑賞

同世代ということもありナタリー・ポートマンはレオンの頃からずっと応援しているのですが、そんな彼女の演技力が高く評価された作品と言うことで楽しみにしていた1本です。

NYのバレーカンパニーに所属するニナ(ナタリー・ポートマン)はライバルのリリーらと共に白鳥の湖の主役候補となるが、無垢なホワイトスワンは完璧に踊ることができる一方で、邪悪なブラックスワンを表現することができずスランプに陥っていた。

あるときニナは舞台監督のトマス(ヴァンサン・カッセル)にキスをされそうになり、彼の唇を噛んでしまう。そのときに彼女の中の隠された一面に気がついたトマスはニナを主役に抜擢しようとするのだが・・・。

とにかく怖かったです。

ストーリーはブラックスワンを踊ることができずに悩むニナの中の秘められた二面性をミステリアスに描いていくという内容ですが、メンタル的で内に向かっていく内容でありながら、見事なダンスシーンのおかげでそれがダイナミックに表現されて、なかなかのインパクトと見ごたえのある作品に仕上がっていました。

てか、ブラック・ニナが夢に出てきそうな勢いで怖い。でも、美しい。ナタリー・ポートマン上手いなぁ。

ところで、ナタリー・ポートマンは髪をアップにするとヘップバーンに似てるなぁと思ってみたり。

|

« 映画「キス&キル」 | トップページ | 「船に乗れ!」 藤谷治 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/53516959

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ブラック・スワン」:

» ブラック・スワン [LOVE Cinemas 調布]
『レスラー』のダーレン・アロノフスキー監督と最近では『抱きたいカンケイ』が日本公開中のナタリー・ポートマンのコンビが送る真理スリラー。本作でナタリーはアカデミー賞主演女優賞を獲得し、監督も監督賞にノミネートされている。「白鳥の湖」の主役に抜擢された主人公の精神が、好演初日にむけて追い込まれていく様子を克明に描いている。共演にヴァンサン・カッセルら実力派が出演。... [続きを読む]

受信: 2011年12月19日 (月) 00時49分

« 映画「キス&キル」 | トップページ | 「船に乗れ!」 藤谷治 »