« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月28日 (火)

「時が滲む朝」 楊逸

時が滲む朝 (文春文庫)

時が滲む朝

楊逸

文春文庫 2011. 2.
(original 2008)

この作品の前の「ワンちゃん」も積読されていたのですが、芥川賞シーズンだったので、芥川賞受賞作であるこちらから読んでみました。

貧しい村の出身で高校でトップを争った浩遠と志強。希望を胸に北京の大学に進学した2人はやがて民主化運動の波に身を投じていき・・・

最近の純文学は私小説的な些細な日常を描くようなものが多いので、こういう激動の歴史を生きる男の半生を描くような物語性の強い作品はかえって新鮮に感じますね。

中国人である作者が自分の国を描いたものを、翻訳を通さずに読むことができるというのは日本ではとても貴重なので、それだけでも面白い作品ではあるんだけど、こういう熱い時代を生きた若者を同時代の小説として受け止めるのは自分にはちょっと難しくて、どうしても一歩ひいたところから読んでしまうので、最後まで「ふ~ん」という感じで終わってしまったかなぁ。言葉の問題もあるのかもしれないけれど、彼らの心の動きみたいなものをもっともっと深く描いてくれたら読み応えのある小説だったんですけどねぇ。

続きを読む "「時が滲む朝」 楊逸"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年2月27日 (月)

映画「しあわせの雨傘」

しあわせの雨傘 コレクターズ・エディション<2枚組> [DVD]

potiche

フランス

2010

2011年1月公開

DVD鑑賞

カトリーヌ・ドヌーヴとフランソワ・オゾンという組み合わせにひかれて観てみました。

主人公スザンヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)は雨傘工場を経営する夫のロベール(ファブリス・ルキーニ)と結婚して30年、ジョギングとポエムを楽しむ優雅な日々を送っていた。

そんなあるとき、ストライキを起こした労働者たちに夫が監禁され、スザンヌはかつて情事を交わしたことのある市長モリス(ジェラール・ド・パルデュー)に頼み事態を収拾するが、ロベールは事件のショックで倒れてしまう。働けなくなったロベールに代わりスザンヌは子供たちの手を借りて傘工場の再建に挑むのだが・・・

ただひたすらにカトリーヌ・ドヌーヴを愛でるための映画でしたね~。衣装も様々だし、キュートなシーンも凛とするシーンもあって、さらには歌まで歌ってくれちゃってサービス満点。

意外に扱ってる題材が社会派で単にお気楽主婦が一念発起みたいな作品になっていないのは面白いのだけれど、思っていたよりもコメディ要素も少なめで、割と普通に一人の女性が新しい道を進んでいく姿をしっかりと描く展開だったので意外性があったのだけれど、最終的に彼女が社長にとどまらずもっと高いところを目指していく展開には驚かされました。

続きを読む "映画「しあわせの雨傘」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2012年2月26日 (日)

映画「人生はビギナーズ」

 

beginners

アメリカ

2010

2012年1月公開

劇場鑑賞

ユアン・マクレガー、メラニー・ロラン、クリストファー・プラマーとメインキャストが好きな俳優ばかりだったので気になっていた作品。

38歳独身のオリヴァー(ユアン・マクレガー)は母の死後、癌を宣告された父ハル(クリストファー・プラマー)がゲイであることをカミングアウトをし、恋人や仲間たちと共に新しい人生を謳歌している姿に戸惑いを隠すことができない。

父の死後、愛犬と寂しく過ごす彼を心配した友人たちに誘われたパーティでアナ(メラニー・ロラン)と出会い・・・

思ってたよりも淡々とした感じでもう少しコメディ色のあるヒューマン映画を期待していたので、ちょっと肩すかしだったかなぁ。でもよく考えたらこの監督は「サムサッカー」もどちらかというとヨーロッパ映画のような印象の強い作品でしたよね。

監督の自伝的な要素が強いとのことですが、監督の思いばかりが先行してしまっているような感じがして、自分はちょっと置いて行かれてしまったかなぁと。(序盤で猛烈な眠気に襲われてしまってかなり我慢していたので、そこで巧い具合にハマることができなかったというのも大きいのですが)。

ポップな演出の数々もちょっとゴチャゴチャしているように感じてしまったし・・・。

ただ、キャスト陣が期待を裏切らない好演を見せてくれて、そこまでハマれなかったけれど、ちゃんと最後まで観ることができました。

続きを読む "映画「人生はビギナーズ」"

| | コメント (2) | トラックバック (4)

「小さな男*静かな声」 吉田篤弘

小さな男*静かな声 (中公文庫)

小さな男*静かな声

吉田篤弘

中公文庫 2011. 11.
(original 2007.8)

吉田篤弘さんの作品が文庫化したとなったら読まないわけにはいきません。珍しくかなりの長編で、厚めの文庫本でしたね~。

百貨店の寝具売り場で働き、百科事典を執筆し、<ロンリーハーツ読書倶楽部>に通う「小さな男」。

日曜深夜の番組を担当することになった「静かな声」を持つパーソナリティ。

2人のささやかな日常が交互に綴られていくのだけれど、これ以上のあらすじといったあらすじもないのでストーリー紹介が難しい小説です。お気に入りのブログでブロガーさんの近況を読んでいるような感じで軽い気持ちでゆったりと作品世界に浸ることのできる作品でした。

感想を書くのがとても難しいのだけれど、好きか嫌いかで言えば、「かなり好き」。

吉田氏の物語は相変わらずレトロな空気の漂うアイデアが抜群に面白くて、特に卓上灯、自転車、あと百貨店の裏通路なんかはかなりお気に入りです。

メインの2人のキャラクターもとっても愛らしいのだけれど、脇役たちも非常にキャラが立っていて、読んでいるうちに全ての登場人物が愛おしく感じられてきました。

続きを読む "「小さな男*静かな声」 吉田篤弘"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月24日 (金)

映画「アンノウン」

アンノウン ブルーレイ&DVDセット(2枚組)【初回限定生産】 [Blu-ray]

unknown

アメリカ・ドイツ

2011

2011年5月公開

DVD鑑賞

こういう設定の作品、結構好きなんですよね。多くの場合、「なーんだ」で終わることが多いのは分かっているのですが、SFなのかサスペンスなのかハラハラしながら、ついつい観てしまいます。

アメリカの植物学者マーティン・ハリス(リーアム・ニーソン)は学会に参加するため妻のエリザベスと共にベルリンへとやってくる。ホテルで空港に忘れ物をしたことに気付いたマーティンは妻をホテルに残し1人タクシーで空港へと戻るがその途中事故にあってしまう。

4日後、病院で目を覚ましたマーティンが学会会場のホテルへと向かうと、そこには自分を名乗る別人がおり、エリザベスにも自分のことを知らないと言われてしまう。マーティンは事故を起こしたタクシーの運転手ジーナ(ダイアン・クルーガー)の助けを得ながら、不可解な出来事の真相を突き止めようとするのだが・・・

あー、20分くらいしたところで真相の主な部分が全部分かってしまいました・・・。伏線にしてはちょっとヒント出しすぎだったよね。それでも適度にハラハラして楽しませていただいたので、この手の作品としてはオチ頼みというわけでもなく結構面白かったのではないでしょうか。

移民とか東西冷戦とかドイツならではのネタが丁度良いアクセントになっていたけれど、この辺りをもう少し踏み込んだらもう少し深みのある映画になったのかなぁ。

続きを読む "映画「アンノウン」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年2月20日 (月)

映画「ダーク・フェアリー」

don't be afraid of the dark

アメリカ

2011

2012年1月公開

劇場鑑賞

ギレルモ・デル・トロが製作と脚本に参加しているということで気になった1本。ホラーは苦手なんだけど頑張って観に行ってきました。

建築家アレックス(ガイ・ピアース)はかつて家主だった画家が失踪したという屋敷を買い取り、元妻のもとで暮らしていた娘のサリーと恋人のキム(ケイティ・ホームズ)と共に引っ越し、屋敷の修復作業を進めていた。

両親の離婚や、父の新恋人の存在に戸惑い、慣れない土地で寂しさを募らせるサリーは、通風孔の奥から自分に呼びかけてくる声を聴くようになる。やがて、この屋敷の地下に潜む妖精たちが姿を見せるようになり・・・

うーん、対象年齢が不明な作品だなぁというのが第一印象。

冒頭が割と痛くてグロいシーンで始まったので、その後も似たペースで進んだら嫌だなとホラーが苦手なのにこの映画を見にきてしまったことをちょっと後悔してしまったのですが、完全に杞憂に終わりました。

てか、肝心の悪の妖精さん達があまり怖くないどころか、途中から可愛らしく見えてきちゃって緊迫感が完全に冷めてしまったのですよね。もうちょっと「見せない」演出だった方が良かったなぁ。

続きを読む "映画「ダーク・フェアリー」"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

「楽器たちの図書館」 キム・ジョンヒュク

楽器たちの図書館 (新しい韓国の文学)

楽器たちの図書館

キム・ジョンヒュク

クオン 2011.11.

(original 1911-1947)

書店で見かけてタイトルと装丁にひかれて読んでみました。完全に「ジャケ買い」でしたが、これはなかなかの当たり。

音楽や芸術をテーマに8作を収録した短編集なのですが、日常の中でちょっとだけ不思議なできごとが起こって、どこか世間とはテンポの異なる登場人物たちがちょっとだけ前へ進む感じがなんとなく吉田篤弘氏の小説にも似た雰囲気で、結構好きな1冊となりました。

全体にどこか乾いたような冷めた視点で描かれていているのも特徴的。ちょっと理屈っぽすぎるかなぁという印象もありますが、登場人物も、小物も、エピソードのアイデアも抜群のセンスの良さが光ってます。この人の書く長編があったら読んでみたい。

以下、各作品に一言感想。特に好きだった作品には★をつけてます。

続きを読む "「楽器たちの図書館」 キム・ジョンヒュク"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

舞台「CHESS in Concert チェス・イン・コンサート」

CHESS in Concert

青山劇場 

2012年1月

 

ミュージカル「CHESS」をコンサート形式で上演する企画の日本語版。アルバートホールでも上演されたイディナ・メンザル、ジョシュ・グローバン、アダム・パスカルといった豪華キャストのコンサートが話題になっていたのも記憶に新しく、どのような作品なのか気になっていたので観に行ってきました。

今回の舞台はあくまで「コンサート」なので、舞台上にオケが入って、最低限の芝居は入るけれど、出演者たちもマイクを持ってしっかりと歌うという形式なので、「ミュージカル」という感じはちょっと薄め。

ストーリーは・・・

舞台は冷戦中のイタリア。チェスの世界一を決定するため、アメリカのチャンピオン、フレディ(中川晃教)とソ連のチャンピオン、アナトリー(石井一孝)が対決することになる。審判(浦井健治)と、かつて東側から亡命しフレディのセコンドを務めるフローレンス(安蘭けい)が見つめる中、世紀の対決が幕を開けるのだが・・・

うーん、「コンサート形式」ってのはやっぱりオリジナルがあるのが前提なのかなぁ。日本ではオリジナルはほとんど知られていないという中で、結構大がかりなセットまで組んで何故コンサート形式で上演したのかがちょっと分からない。海外でコンサートがヒットしたからといって、日本でもコンサートにする必要はなかったのではないかと思いました。

この作品、そもそものストーリーがミュージカルにしては骨太な背景を扱っていて、なかなか面白そうなのに、それがなんだかよく分からないまま、曲だけをひたすら聞くってのはちょっとつまらなかったというのが本音です。せっかく音楽も良いし、キャストも良い人たちを集めていただけに、とてももったいない印象でした。

続きを読む "舞台「CHESS in Concert チェス・イン・コンサート」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月13日 (月)

映画「J・エドガー」

J・エドガー(レオナルド・ディカプリオ主演) [DVD]

J. Edgar

アメリカ

2011

2012年1月公開

劇場鑑賞

イーストウッド監督の新作ということで楽しみにしていた1本です。

主人公はFBI長官フーヴァー(レオナルド・ディカプリオ)。

1919年、米国内でも共産主義が高まっていくなか、司法長官宅が過激派に襲撃され、24歳のエドガー・フーヴァーは司法省に新たな作られた捜査チームのリーダーに任命される。

やがてエドガーは秘書のヘレン(ナオミ・ワッツ)や右腕のクライド(アーミー・ハマー)らの助けを得ながら、成果を上げていくのだが・・・。

うーん、もうちょっと予習していけば良かったかな・・・。FBIのフーバー長官の物語くらいで、事前に情報もほとんど入れずに見に行ったのだけど、歴史的な部分は「前提」として描かれている場面も多くて、20世紀のアメリカ史をざっと復習しておけばもうちょい深く楽しめたかなぁという気がします。

中盤で誘拐事件に結構大きく時間を割くんだけど、この辺りはイーストウッド監督の「チェンジリング」なんかも思い出させて、なかなか見応えがありましたね。この題材だけで映画にしても良かったのではないかという気もします。

続きを読む "映画「J・エドガー」"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2012年2月 8日 (水)

舞台「モンティ・パイソンのスパマロット」

モンティ・パイソンのスパマロット

赤坂ACTシアター

2012年1月19日

2005年のトニー賞で作品賞を受賞した作品の日本版。

当時、トニー賞授賞式を観て、モンティ・パイソンのミュージカルということ非常に気になっていて、機会があれば観てみたいとずーっと思ってたいたので、とても楽しみにして観に行ってきました。

物語は一つ一つのネタを含めてかなり原作となった映画「モンティ・パイソンのホーリー・グレイル」に忠実ですね。ツバメの話やら、ココナッツやら、ウサギやら、「ニッ」やら、映画を知っていれば、場面転換するたびに「あ、次はこれが来るぞ!」と思ってそれだけでニヤニヤしっぱなしです。

映画のほうは結構見る人を選ぶようなコメディだと思っていたんですが、舞台でやると、普通に万人受けしそうなコントに仕上がっているのがなかなか面白いです。まぁ、日本版てことで、オリジナルのボケっぱなしの部分にしっかりと毎回ツッコミを入れているってのもあるんだろうけど。この辺りは笑いの文化の違いなのだろうね。

あと、日本版ってことでちょいちょい細かなネタを現代の日本に合うようにしていて、オリジナルのミュージカルでは「ブロードウェイで成功するならユダヤ人が必要」っていう歌を「日本で成功するなら韓流スターが必要」と変えていたりと、なかなか巧く日本版にしていたように思います。

映画版のラストは結構グダグダだったんですが、ミュージカル版は一般客を巻き込んで無駄に盛り上がった後に(こういうの好き)、しっかりと「よくあるミュージカル」らしくハッピーエンドにしていましたね。まさか、あんなところに聖杯があるとは思わなかったですよ。

続きを読む "舞台「モンティ・パイソンのスパマロット」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »