« 「女だけの町 クランフォード」 ギャスケル | トップページ | 映画「グレッグのおきて」 »

2012年3月31日 (土)

映画「ヒューゴの不思議な発明」

ヒューゴの不思議な発明 [Blu-ray]

Hugo

アメリカ

2011

2012年3月公開

劇場鑑賞

今年のアカデミー賞での話題作ということで楽しみにしていた1本。

舞台は20世紀初頭のパリ。優しかった父を亡くし、駅に住み込んで時計のメンテナンスをしている叔父に引き取られた少年ヒューゴは駅員たちには内緒で叔父に代わって駅の時計のネジを巻きながら過ごしていた。ヒューゴの唯一の楽しみは父が博物館から持ってきたカラクリ人形を再び動かせるように修理することであった。

ある日、ヒューゴは駅の玩具店からネズミのおもちゃを盗もうとしたところを店主のジョルジュ(ベン・キングスレー)に見つかり、大切にしていた父の形見のノートを取り上げられてしまう。ノートを返してもらおうとジョルジュの家までついていったヒューゴはジョルジュの養女イザベルと出会い、二人は次第に打ち解けていく。そんな折、イザベルが首からさげているペンダントについている鍵がヒューゴのカラクリ人形の鍵穴と同じ形をしていることに気が付き・・・

普通に良いお話でした。

鑑賞前は勝手にスチームパンク的なファンタジー映画だと思っていたのですが、思っていたよりもずっと現実ベースの物語で、事前にストーリーの知識を全く入れずに観に行ったこともあって、どのように展開するのかというワクワク感も味わえることができたのが良かったですね。結構予想外の方向に進んで行って、少年と機械人形の物語が最終的に映画の歴史に関わってくるのはとても面白かったです。

鑑賞後に原作も読んだのですが、映画はかなり忠実に原作を映画化していたので、この辺りは原作の良さを最大限に引き出していたように思います。

あと、この映画、キャスティングがとっても良い!ジュード・ロウはほんの少ししか登場しないのに抜群の存在感だし、ベン・キングスレーは文句なしの好演。そして、子役2人がとても生き生きとしていて作品に躍動感を与えているのが良かったですよ。

ヒューゴ少年を演じたエイサ・バターフィルド君は「縞模様のパジャマの少年」の主人公の少年ですね。いやぁ、大きくなりましたね~。「縞模様~」はただただ辛い作品だったけれど、今回は希望のあるラストの映画に出ることができて本当に良かった!

警官のキャラクターが結構お気に入りなんですが、ヒューゴの物語とは別に小さな恋物語が描かれているのもとっても微笑ましかったです♪

そして、そして、この映画、3Dで観て大正解。

この作品の陰の主役は何と言っても「映画」そのもの。列車が迫ってくる場面が作中に登場したり、映画黎明期の作品を3Dで復活させて見せてくれたりで、21世紀の観客である我々に「初めて映画を観た人々」の感動を追体験させるために3Dをとても効果的に使っているのがとても良かった!

3Dでよみがえった当時の映画、もっともっと観たかったなぁ。

そんなわけで、映画、からくり人形、手品師などなど自分の好きな要素がこれでもかってくらいに登場するので、よくよく考えるとかなりあっさりとしたストーリーではあるけれど、細かな演出や仕掛けに大満足の1本でした。

どうでもいいけど、「不思議な発明」ってちょっと違う気がする。

|

« 「女だけの町 クランフォード」 ギャスケル | トップページ | 映画「グレッグのおきて」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/54349345

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ヒューゴの不思議な発明」:

» ヒューゴの不思議な発明/Hugo [LOVE Cinemas 調布]
巨匠マーティン・スコセッシが初めて3Dで送るヒューマンファンタジー。ブライアン・セルズニックの小説を原作に、父の形見の機械人形に隠された謎を探る少年の姿を描く。主演は『縞模様のパジャマの少年』のエイサ・バターフィールドと、『モールス』のクロエ・グレース・モレッツ。共演にジュード・ロウ、サシャ・バロン・コーエン、ベン・キングズレーら豪華なメンバーが揃った。... [続きを読む]

受信: 2012年3月31日 (土) 02時24分

» 『ヒューゴの不思議な発明』・・・映画で映画を語る [SOARのパストラーレ♪]
第84回アカデミー賞で5部門受賞に輝いたマーティン・スコセッシ監督の話題作。 時計台に隠れ住みながら父の残した機械人形をコツコツと修理する日々を送る孤独な少年ヒューゴは、玩具屋ジョルジュとその養女イザベルに出会う。イザベルが持っていたあるアイテムにより動き出した機械人形が描いた一枚の絵をきっかけに、ヒューゴとイザベルはジョルジュの意外な人物像に迫っていく。... [続きを読む]

受信: 2012年3月31日 (土) 10時08分

» 映画:ヒューゴの不思議な発明 [よしなしごと]
 今年の第84回アカデミー賞で最多11部門でノミネートされ、同着最多5部門で受賞した作品ヒューゴの不思議な発明。僕の好きなクロエ・グレース・モレッツちゃんも出ているので絶対見逃せない。3Dがあまり好きではない僕もこの作品だけは3Dで鑑賞。なんか久々に3Dで見たら疲れた(汗)。... [続きを読む]

受信: 2012年7月20日 (金) 00時37分

« 「女だけの町 クランフォード」 ギャスケル | トップページ | 映画「グレッグのおきて」 »