« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月25日 (水)

「ぼくたちは大人になる」 佐川光晴

ぼくたちは大人になる (双葉文庫)

ぼくたちは大人になる

佐川光晴

双葉文庫 2012. 1.
(original 2009)

以前からちょっと気になっていた作家の作品が丁度良い具合で文庫化していたので読んでみることにしました。

主人公の宮本達大は部活でも活躍し成績1位で医学志望の高校3年生。クラス委員に選ばれた彼はあるとき校内である事件を起こし、それを期に自分と同じように母子家庭で育った同級生の三浦との友情を育み始める。

序盤でショッキングな事件が起こるんですが、その後の処理の仕方が自分の感覚では「いやいや、そんなことはないでしょ」な展開を見せたので、ちょっと引っかかるところがあったものの、全体的にはなかなか面白い青春小説だったと思います。

三浦との友情が始まるきっかけがどうも納得いかなかったのだよねぇ。

一方で事件のきっかけとなった土屋さんと主人公の関係はなかなか巧く描けていて、主人公自身が自分が事件を起こしてしまった理由をうまくとらえきれていなくて、それがそのまま語り手としてのナレーションに現れているところは小説として非常に面白かったなぁと思います。

挫折を知らずに育ってきた優等生の少年の成長が、エピソードだけでなく、語りの中にも感じられたのが良かったです。

続きを読む "「ぼくたちは大人になる」 佐川光晴"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 6日 (金)

映画「グレッグのおきて」

グレッグのおきて [DVD]

diary of a wimpy kid: Rodrick rules

アメリカ

2011

日本未公開

DVD鑑賞

世界的大ヒットとなっている原作本がなぜか日本ではさっぱりなシリーズ。映画化第1作目に続いて第2作目もDVDスルー。

ミドルスクールの2年目7年生になったグレッグは転校生の美少女ホリーが気になって仕方がないけれど、相変わらず、まだまだ子供っぽさの残るいけてないグループに所属し、学校では華やかな活躍をすることができない。

一方家では兄ロドリックと喧嘩ばかりすることに母が怒り、2人が仲良くする度に現金に還元できる「ママ・マネー」を渡すことを提案。

そんな折、両親と末っ子のマニーが一泊で出かけることになり、ロドリックは家で友達を集めてパーティーを開く。最終的にグレッグも一緒になって盛り上がり、2人はこの出来事を隠すためにますます連帯感を深めていくのだが・・・。

原作のエピソードをうまく取捨選択してきれいにまとめているのは前作と同じで、原作ファンとしては嬉しい映像化。

原作も第1作目のほうが面白かったんだけど、映画版も伏線などを含めたストーリーの完成度の高さでこそ前作には劣るけれど、今回は兄弟の絆がテーマということで、自分にも丁度グレッグとロドリックと同じくらいに歳の離れた兄がいるので、自分の子供時代のことを思い返しながら兄弟のやりとりに懐かしさを感じながら観ることができて、かなり楽しめました。

続きを読む "映画「グレッグのおきて」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »