« 「灰色の畑と緑の畑」 ウルスラ・ヴェルフェル | トップページ | 映画「アーティスト」 »

2012年8月29日 (水)

映画「世界でいちばん不運で幸せな私」

世界でいちばん不運で幸せな私 [DVD]

Jeux D'enfants

フランス ベルギー

2003

2004年9月公開

TV録画鑑賞

以前からちょっと気になっていた風変わりな恋愛映画。

病気の母を持つジュリアンと移民の娘のソフィーは小学校の同級生。二人は交互に相手の出した条件を必ず飲まなくてはいけないというゲームを始める。次第に2人のゲームはエスカレートしていき、大人になった2人は互いに思いを寄せながらもゲームに縛られ、お互いに傷つけあいながらゲームを続けていく・・・

なんとも風変わりな映画でした。不器用な2人を「ゲームに振り回される」という非常に極端な設定で描くのだけれでも、このゲームがあまりに過激すぎて、ファンタジックな雰囲気の恋愛映画だと思って見ていると、なかなか痛い目にあってしまいます。

演出がなかなかにスタイリッシュで映像で楽しめる作品なのだけれど、二人があまりにゲームに縛られすぎていて、何もそこまで・・・、などと思ってしまうと一気にさめてしまって、作品世界に入り込むことができないまま見終えてしまいました。

ただ、あまりに奇想天外すぎる二人の人生が最後どのように落ち着くのだろうかという好奇心もあったので、飽きることはなかったです。てか、初っ端のバスからしてもはや子供の遊びってレベルを超えてるし・・・。

最後の最後、衝撃のラストと思わせて、さらに作品全体を根底から覆すような映像が現れるんだけれど、そこの解釈がなかなか難しいですね。何がどこからどこまで幻なのか、観終えた後に色々と考えてしまったのだけれど、監督はどのように考えて作っているのですかねぇ。

|

« 「灰色の畑と緑の畑」 ウルスラ・ヴェルフェル | トップページ | 映画「アーティスト」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、株式会社エモーチオ『海外映画DVDマニア』運営事務局です。
私どもは、ユーザー120万名が利用する
☆みんなのオススメBest3でつくる新感覚ランキングサイト「bestmania(ベストマニア)」を始めとし、
【国内最大級】の投稿規模になる、実に約60万件ものおすすめ情報やレビュー投稿のあるサイト運営をしております。

また、DVD関連のサイトにおきましては、『海外映画DVDマニア』を始め、その他多様なサイトを運営し、ニュースに取り上げられております。
参考URL : http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000005425.html

この度は、「Andre's Review」運営者様のブログを拝見させて頂きまして、
我々のウェブサイトとの相互リンクをして頂けないかというお願いでご連絡を差し上げました。

我々の『海外映画DVDマニア』におきましては、「厳選!海外映画全般レビュー&情報ブログ」の1つとして「Andre's Review」さんのブログをユーザーに役立つブログとして事務局にて厳選させていただき、既に紹介させて頂いております。
(参考URL)  http://foreignmovie-dvdmania.com/link/list/?id=foreignmovie_review

※紹介文に関しましては、基本的には御サイトの情報を引用させていただいておりますが、加筆・変更等、ご意見・ご要望がございましたらなんなりとお申し付けください。

尽きまして、もしよろしければ我々もブログで紹介いただくか、相互リンクという形でリンク集やブックマークの1つに加えていただくことは可能でしょうか?
以上、ご多用中誠に恐縮ですが、下記情報をご参考に頂きまして、リンク情報掲載のご検討をくださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。


【リンクをご掲載頂く際のテキスト例】
テキスト: 海外映画DVDマニア
リンク先: http://foreignmovie-dvdmania.com/

***********************
海外映画DVDマニア運営事務局
tamazawa@emotio.co.jp←こちらにご返信お願い致します。

投稿: 海外映画DVDマニア運営事務局 | 2012年8月31日 (金) 16時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/55534524

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「世界でいちばん不運で幸せな私」:

« 「灰色の畑と緑の畑」 ウルスラ・ヴェルフェル | トップページ | 映画「アーティスト」 »