« 映画「ジャンゴ 繋がれざる者」 | トップページ | 「俺の職歴」ミハイル・ゾーシチェンコ »

2013年3月28日 (木)

舞台「ウェディング・シンガー」

ミュージカル ウェディング・シンガー @ シアタークリエ

ヒットした映画をミュージカル化するパターンはあまり好きではないのですが、こちらは以前から気になっていた作品なので、思い切って観に行ってきました。本当は英語で観たいんですけどね・・・。

同タイトルの映画をベースに2006年にブロードウェーで上演されてトニー賞候補にもなった作品です。惜しくもトニー賞は逃しましたが(「ジャージー・ボーイズ」が受賞)、日本版は国内では結構人気みたいで再演もされて結構長く続いていますね。

ストーリーは基本的な部分は映画とほとんど同じです。

ロビー(井上芳雄)はサミー(吉野圭吾)とジョージ(新納慎也)と共にケータリング会社のウェディングバンドとして結婚式を盛り上げていた。そんな折、ロビーは結婚式当日に恋人リンダ(徳垣友子)から別れを告げられて絶望の淵に立たされてしまう。

そんなロビーを励ましたのは、ケータリング会社でウェイトレスをし、恋人のグレン(大澄賢也)との結婚を夢見るジュリア(高橋愛)であった。

明るくて楽しくて笑いに溢れた作品で、多くの人に愛されるのもよく分かります。

全体的にアットホームな舞台で温かみに溢れていたのは良かったのだけれど、演出というか、舞台道具にちょいちょい安っぽい印象を受けてしまったのが残念。飛行機とか、車とか・・・。これ、オリジナルのブロードウェーもこういうテイストだったのかな。

あと、ちょっと上演時間が長かったかなぁ。こういう明るいコメディって短めにまとめてくれた方が爽快に終わると思うのだけれど、インタミ含めて3時間ってのは、どんなに面白くても特に内容が深いわけでもなく、気軽に楽しめるラブコメとしては長すぎるように思います。この辺は今回のプロダクションどうこうではなくて、オリジナルの舞台の問題なのだけど。

この作品は、80年代のテイストに溢れているのが一つの特徴で、色々な映画のネタが出てきたり、ソックリさんが大集合だったりするのだけれど、そこがイマイチ受けてなかったのがちょっともったいないですよね。映画の「ted」もそうだったけど、80年代のアメリカ文化がそこまで浸透していないから仕方ないのですが。フラッシュダンスに関しては、まさかのアナウンスでネタ説明だったし。

で、そういうところはオリジナルから変えるのも難しいので仕方ないのだけれど、今回の日本版、せっかくなら登場人物たち全員が80年代っぽい言葉づかいをもっとしてくれれば良かったかなぁと。グレンが一人で連呼して完全にオヤジ扱いだったけれど、本当は、他のキャラがみんなああいう口調やネタで話をして、グレンは70年代ネタにしたほうが舞台と合うように思いました。(これ、オリジナル版でもグレンだけが80年代ネタを担当しているのだろうか。)

ミュージカルとしては曲数は多くて、ノリノリで楽しいのだけれど、印象に残る曲がちょっと少なかったかなぁ。

出演者の皆様は非常に良かった!井上氏は「ダディ・ロング・レッグス」も良かったし、結構好きかも。今回はあの過剰なまでの落ち込みっぷりが結構ツボでした。演技も歌もしっかりしているから安心感があります。

あと「スパマロット」や「サンセット大通り」でも思ったけど、彩吹真央さんは歌がしっかりしていて、聞きごたえがありますね。コメディもしっかりとできていたし、こちらも要注目。

自分が観た回は、ホワイトデー週間とやらで、終演後にキャスト陣が選んだお菓子をくじ引き抽選で会場のお客さんにプレゼントするという企画があったのだけれど、その時のキャスト陣のやりとりがとても和やかで楽しそうで、とても良いチームで作品を作っているんだなぁというのが感じられたのが良かったです。

|

« 映画「ジャンゴ 繋がれざる者」 | トップページ | 「俺の職歴」ミハイル・ゾーシチェンコ »

ミュージカル」カテゴリの記事

舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/57047043

この記事へのトラックバック一覧です: 舞台「ウェディング・シンガー」:

« 映画「ジャンゴ 繋がれざる者」 | トップページ | 「俺の職歴」ミハイル・ゾーシチェンコ »