« 「勝手にふるえてろ」綿谷りさ | トップページ | 映画「Black & White/ブラック & ホワイト」 »

2013年3月 1日 (金)

映画「テッド」

 

ted

2012

2013年1月公開

劇場鑑賞

クマさんの可愛さと、お子様は見られない指定がついているのと、アメリカのサブカルネタがたくさんという話を聞いてとても気になっていた1本です。

1985年、ジョン・ベネット少年は友人がいなく寂しい思いをしていた。あるときプレゼントでもらったテディベアのテッドに命が宿るよう願うと、その翌朝、テッドが動き喋るようになっていて、2人は親友となった。

その後テッドはマスコミをにぎわせ一躍時の人となったが、そんなブームはすぐに去り、2012年、大人になったジョン(マーク・ウォールバーグ)は今でもテッド(声:セス・マクファーレン)と一緒に過ごし、2人は酒やドラッグを片手に大好きな「フラッシュゴードン」を楽しむ日々を送っていた。そんな2人の姿に、ジョンの恋人ロリ(ミラ・キュニス)はテッドと自分とどちらが大切なのか問い詰めるのだが・・・。

テッド可愛すぎるよぅ!もうメロメロで首ったけだよぅ。

しかし、この映画、大ヒットしてるけど、どれだけの人がサブカルネタについていけてるのでしょうか・・・。結構どぎつい下ネタもあるし。ネタが分かるところは本当に面白いのだけれど、何だかよく分からないところはやっぱりちょっと白けちゃう場面もあるんですよね。劇場は10代、20代の若い世代が多かったのだけど、80年代のネタが多いこともあって、やっぱりサブカル系の小ネタで笑ってる人はかなり少なかったなぁという印象でした。

ストーリーは後半が意外にもちょっとアクションっぽい展開になって結構盛りだくさんで楽しめる内容でした。娯楽作品としては、とても良い映画だったと思います。

以下、鑑賞直後の自分のつぶやきを再録しつつ、コメントを。

字幕が結構頑張ってたけど、下手なダンスをパーキンソン病みたいってのを盆踊りに変えてたり、辛口なネタが緩和されてた箇所も。「アルフ」から「目がテン」の流れは自分的にはパーフェクトだったんだけど、劇場で誰も笑ってなかったよ・・・。客層が10代、20代前半が中心だったしな。

この映画、実は映画における字幕のあり方について考えさせられる箇所がチラホラありました。劇中に出てくるアメリカのネタをそれに相当するような日本のネタに置き換えて訳している場面が結構あったのです。なので、「ガチャピン」とか「クマモン」とかがいきなり字幕に登場するのですが、自分はこれはどちらかというと「ナシ」かなぁ。日本語吹き替え版ならまだしも、字幕版では実際に流れている英語台詞の訳が出ていると思って観ているわけで、そこに「ガチャピン」とか出てきちゃうと、明らかに英語と違うこと言ってるってのが分かってしまうし、そもそもアメリカが舞台なのに「ガチャピン」とか言われちゃうと興醒めも甚だしいのだよね。

そんな中、アルフは実際に英語でもそのネタを出していたところなんだけど、そこに「目がテン」とつなげた訳仕方は、作品の雰囲気も壊さないし、それでいて、サブカルネタにニヤリとさせる要素も生かしていて巧かったなぁと思ったわけです。

ナレーションがピカード艦長ってのも熱い

 

分からないネタも多かったけど、分かるところはかなり楽しかった。インディジョーンズのテーマが一瞬流れるとことか好き。

 

そういえばフラッシュ・ゴードンとか、コナン・ザ・グレートとか最近全然テレビでやらなくなっちゃいましたね。

というわけで、80年代のアメリカンカルチャーを目にする機会があったギリギリの世代なので、なんとなく分かるネタが多かったのは嬉しかったです。これ、DVDで解説付きバージョンとかあったら見てみたいな。

フラッシュ・ゴードンのシーンなんかは、日本のバラエティ番組で藤岡弘が出てきて、探検隊やライダーをパロディにしたコーナーを作ったりするときあるけど、それのアメリカ版っていう感じだろうね。そう思うと、元ネタがよく分からないとイマイチ面白さが伝わらないってのは仕方ないのかもしれない。

|

« 「勝手にふるえてろ」綿谷りさ | トップページ | 映画「Black & White/ブラック & ホワイト」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/56861615

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「テッド」:

» テッド [風に吹かれて]
雷なんか怖くない友情よ永遠に公式サイト http://ted-movie.jp1985年、ボストン郊外のクリスマスの夜。いじめられっ子からも無視され.る、友達がいない8歳の少年ジョンは、クリスマスプレ... [続きを読む]

受信: 2013年3月 1日 (金) 15時26分

» 映画「テッド」タブー一切無しのお下品映画が面白い [soramove]
映画「テッド」★★★☆ マーク・ウォールバーグ、ミラ・クニス出演 セス・マクファーレン監督、 106分、2013年1月18日より全国公開 2012,アメリカ,東宝東和 (原題/原作:TED) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← セス・マクファーレン監督は、 今年のオスカー授賞式の司会を務めた。 「日本でも大ヒットの オバカ映画は... [続きを読む]

受信: 2013年3月12日 (火) 07時42分

« 「勝手にふるえてろ」綿谷りさ | トップページ | 映画「Black & White/ブラック & ホワイト」 »