« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月30日 (木)

「足音がやってくる」マーガレット・マーヒー

足音がやってくる (岩波少年文庫)

the haunting

マーガレット・マーヒー
(Margaret Mahy)

岩波少年文庫 2013.2.
(original 1982)

1983年にカーネギー賞を受賞した作品です。

主人公は父が再婚し、もうすぐ子供の生まれる継母と2人の姉と5人で暮らす8歳の少年バーニー。あるときバーニーの前に幽霊のような少年が現れ、「バーナビーが死んだ!ぼくはとってもさびしくなるよ」と告げる。動揺したバーニーが帰宅すると、バーニーがその名前もらった叔父のバーナビーが亡くなったと聞かされ、バーニーは意識を失ってしまう。そして、その日からバーニーには近づいてくる足音が聞こえるようになり・・・。

何かにとりつかれてしまったバーニーであったが、やがてバーニーの実母の家系に隠された秘密が明らかになり、一家の運命が大きく動き始める。

児童文学なんですが、子供のころに読んでたら確実にトラウマになったと思われるくらいに、怖い場面の怖さが半端じゃなかったです。

序盤の怖さからホラーなのかと思って読んでいると、だんだんと実母の家族に隠された秘密を暴いていくミステリー的な展開になって、物語は思いがけない方向へと進みます。

特殊な力を持った人間の孤独を、その力を持っている者や家族の生き方を通して、様々な形で描いた作品で、人と違うということに対して、我々がその運命をどのようにして受け止めるのかという問題に力強く向き合った終盤はかなり読みごたえがありました。

続きを読む "「足音がやってくる」マーガレット・マーヒー"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年5月29日 (水)

映画「屋根裏部屋のマリアたち」

屋根裏部屋のマリアたち [DVD]

Les Femmes du 6ème étage

フランス

2010

2012年7月公開

DVD鑑賞

評判の良いフランスのコメディにハズレなしなので楽しみにして鑑賞しました。

1960年代のパリ、株の仲買人をする資産家のジャン=ルイは妻が新しく雇ったスペイン人のメイドマリアのことを気に入り、やがて同じアパートの屋根裏部屋に暮らすスペイン人のメイドたちと交流をするようになる。彼の様子がいつもと違うことに気付いた妻はジャン=ルイが未亡人と浮気をしているのではないかと疑うようになり・・・。

邦題が「マリアたち」と複数形になっているのがポイントですね。主人公とマリアの関係も確かに描かれていくけれど、マリアだけでなく、メイドたちみんなとの交流のほうがこの作品では重要な要素でした。

これまで生まれ育った家で都会暮らししか知らずに硬い世界で生きてきた男が、故郷スペインを離れて出稼ぎにきているメイドたちのたくましさや自由さにひかれ人生の楽しみに気づくという側面の方がメインだったように思います。

でもメイドたちにしてみれば彼は主人なのだから、そりゃチヤホヤされるし、居心地は悪くないよね、とも思う。現実逃避してるのを思いきり肯定した作品ですよねぇ。

続きを読む "映画「屋根裏部屋のマリアたち」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月27日 (月)

映画「ハッシュパピー バスタブ島の少女」

 

Beasts of the Southern Wild

アメリカ

2012

2013年4月公開

劇場鑑賞

今年のアカデミー賞で話題になっていた作品です。事前情報をほとんど入れずに鑑賞してみました。

舞台は巨大な堤防で守られた街の外側の湿地帯にある「バスタブ」と呼ばれるスラム地域。6歳の少女ハッシュパピーはいつも酒を飲んでいる父と二人で暮らしていた。あるとき、大嵐が湿地帯を襲い、バスタブは水に浸かってしまう。そして追い打ちをかけるように、バスタブに暮らす人々は難民収容所の病院へと送られてしまい・・・。

冒頭で花火を持ったハッシュパピーの映像に被せてタイトルが出るところなんかは幻想的でとても美しかったですね~。

派手さはないけれど、独特の力強さを持った作品だったと思います。ちょっと分かりづらい箇所も多かったですけど・・・。

続きを読む "映画「ハッシュパピー バスタブ島の少女」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月16日 (木)

「死美人辻馬車」北原尚彦

死美人辻馬車 (講談社文庫)

死美人辻馬車

北原尚彦

.講談社文庫 2010年6月

ヴィクトリア朝ロンドンを舞台にした幻想短編集ということで、これでもかというくらいにツボをついていくる1冊でした。

日本の作家による作品なのだけれど、英国好きの思い描くヴィクトリア朝のイメージを壊すことなく、この世界観に酔いしれることのできる素敵な1冊です。9作品が収録されているのですが、実在の人物や、文学作品の登場人物なんかを題材に取った作品が多いのも、ニヤリとさせられて嬉しかったです。

以下気に入った作品にコメントを。

続きを読む "「死美人辻馬車」北原尚彦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 6日 (月)

映画「リンカーン弁護士」

リンカーン弁護士 [DVD]

the lincoln lawyer

アメリカ

2011

2012年7月公開

DVD鑑賞

法廷ものとしては久々に良い評判を沢山聞いた作品です。

主人公ミック・ハラー(マシュー・マコノヒー)は愛車リンカーンの後部座席を事務所代わりに、ときには汚い手段をも厭わないやり方で敏腕弁護士として活躍していた。

あるとき、ミックは殺人の容疑をかけられている資産家の青年ルイス(ライアン・フィリップ)の弁護を引き受けるが、事件の真相を調べていくうちに衝撃の事実が発覚し・・・。

前評判がかなり高かったので期待しすぎてしまったのかもしれませんが、思ったほど楽しむことができませんでした。

まず、肝心のリンカーンをオフィスに仕事をしてる場面がほとんど描かれないのでタイトルの意味が分かりづらい。あと、冒頭がごちゃごちゃしてて、とにかく何が起きているのかが分かりづらかったです。本編に入る前に、もう少し「リンカーン弁護士」としての働きっぷりを見せながらの分かりやすい導入があったら入り込みやすかったかなぁと。

続きを読む "映画「リンカーン弁護士」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 5日 (日)

映画「偽りなき者」

 

Jagten

デンマーク

2012

2013年3月公開

劇場鑑賞

地味ながらも見応えのある1本です。

ある日、幼稚園で働くルーカスは、勤務先の幼稚園で親友テオの娘クララからキスをされ、ハートの形の贈り物をもらうが、ルーカスはそれを本当に好きな人にあげるようにと優しく注意をする。その日の夕方、落ち込むクララを心配した園長が声をかけると、クララは兄とその友人に見せられたポルノを思い出し、その意味も分からずルーカスがクララに性的な行為を行ったかのようなことをほのめかしてしまう。幼いクララの口から出た言葉は瞬く間に町中へと広がり、優しかった住人達はルーカスを避けるようになっていき・・・。

いやー、これは辛い映画でした。子どもは純真で嘘なんかつかないってのが前提にあるんだろうけど、ブレーキのきかなくなった猜疑心ってのは怖い。てか、クララの兄は自分たちの行為が原因の一端をなしているんだから、ちょっとくらい気づけよ!とか思ってしまいます。

あと、1人でパニックになって騒ぎすぎる園長も、立場を考えてもう少し慎重にものごとを見て欲しかったなぁと。

もう親友ももうちょっと信じてあげてよ!とか。

とにかく一度疑いの目が向けられると、それまでどんなに良好な関係を築いていても、その人物を信じられなくなってしまう怖さがこれでもかってくらいに描かれる作品でした。

続きを読む "映画「偽りなき者」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「SOSの猿」伊坂幸太郎

SOSの猿 (中公文庫)

SOSの猿

伊坂幸太郎

.中公文庫 2012年11月
(original 2009)

順調に文庫化が進む伊坂作品ですが、伊坂作品は単行本が出たときにどんな作品なのだろうかとタイトルから色々と想像するのも楽しみだったりします。さて、そんな伊坂作品の中でもちょっと内容が想像しづらかった不思議なタイトルの1冊ですが・・・。

親戚からひきこもりの子どものみてほしいと頼まれた悪魔祓いの青年と、巨額の損害を生んだ株の誤発注事件を調査する男。二人の物語を孫悟空が結びつけていく・・・。

文庫化に至るまで何度か加筆修正はされているのだろうけど、新聞連載だったということで、細かな章立てが生きていてテンポよく読みやすい作品でした。

悪魔祓いの青年の話と株の誤発注の調査員の話が交互に語られるのだけれど、序盤ではこの2つがどのように交差していくのかが全く見えないので、結構ワクワクしながら読み進めることができました。

ただ、この作品、他の伊坂作品と比べてキャラクターのインパクトが薄めで、その割には短い話でもないので、ストーリーの面白さだけで勝負するには、そちらもちょいと地味だったように思われて、満足度はいつもよりかは低めです。

続きを読む "「SOSの猿」伊坂幸太郎"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 2日 (木)

映画「アルゴ」

アルゴブルーレイ&DVD (2枚組)(初回限定版) [Blu-ray]

Argo

アメリカ

2012

2012年10月公開

DVD鑑賞

アカデミー賞の作品賞作品が絶好のタイミングでDVDリリースされたので見てみました。劇場公開時は気にはなってたけれど、地味な印象があってちょっと避けてしまってたんですよね。

1979年、イランのアメリカ大使館が占拠され、なんとか抜け出しカナダ大使館に身を寄せている6人の外交官たちを救出するためCIAが映画撮影と称してイランに入国したという実話を映画化。

確かに面白かったのだけれど、自分がなんとなく感じていた印象はやっぱり正しくて、そこまでハマれなかったかなぁ。実話だからこその面白さにあふれてはいたけれど、実話だからこその地味さがあって、特に大きな盛り上がりもなく終わってしまったように感じてしまいました。

続きを読む "映画「アルゴ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »